ダイエット

皆さんいよいよ来ますね

 

 

夏が!

 

 

 

夏といえば海です

 

 

海といえば水着です

 

 

 

 

 

 

皆さん今の体で脱げますか??

 

 

 

 

というわけで今月はダイエットについてです

 

今回はいつもとは違いお金の話ではなく

ダイエットです!

 

 

 

僕の名刺を持っている方々

気づいていましたか?

 

実は事業内容の一つに

ダイエットコンサルタントがあることに!

 

 

実は数年前から密かにやっている事で

実際にお金を頂いてプロとして

結果にコミットしているわけです

 

 

僕自身がダイエットに真剣に

取り組んでいた時期があり

その経験を踏まえて行なっています

 

22歳までサッカーをしていて

自分はどれだけ食べても太らない

黄金の体なんだと本気で思っていました

 

しかしサッカーを辞め普通の生活を

していたらしっかりとデブりました

 

自分では中々気づかないものですが

久しぶりに会う人からこぞって太ったと

言われダイエットを決意したわけです

 

約1年間様々なダイエットを試行錯誤してある程度自分の中で太る理屈、痩せる理屈が理解できた時にあれが世にで始めたわけです

 

 

 

 

 

金の匂いを嗅ぎつけた僕は

 

 

 

 

早速パクってみたわけです

 

 

 

 

健康の分野は掘り下げると

キリがないくらい難しい話になり

賛否両論も沢山出てきてしまうので

なるべく分かりやすさ重視で

簡単に書いていきます

 

専門的な知識をお持ちの方からの

小難しい指摘はご勘弁を!

 

 

 

Q.結局痩せるにはどうしたらいいの??

A.食事制限です。運動よりも食事です

日々口にしているもので

あなたの体は作られています

 

ダイエットは大きく分けると

「食事」「運動」の二つです

 

もちろん運動も体を構成する上で

間違いなく影響していますが

比率で言うと圧倒的に食事です

 

運動1:9食事

 

これが現実です

 

極端な話運動を一切しなくても

食事が変われば体は確実に変化します

 

しかし食事を変えずに

一駅分歩こうが

エレベーター乗らずに階段使おうが

ジムでエアロバイクこごうが

さほど変化しないのが現状です

 

なので夏までに痩せたいダイエッターの皆さんはジムに通う計画を立てるよりも前に食事管理の計画を立てることです

 

 

Q.どう食事制限をすればいいの?

A.カロリー制限or糖質制限のどちらかです

 

昔からあるダイエットの王道カロリー制限と最近出てきたニューカマー糖質制限です

この二つは特徴が違えどどちらも痩せます

 

どちらをやるかはそれぞれの特徴をみて

自分に合う方を選択してください

 

一番最悪なのが

中途半端にどちらも取り入れようとすることです

 

逆効果になりますので必ずどちらかを選択した方がいいです

 

カロリー制限ダイエットの特徴

  • ゆっくり痩せていく
  • モチベーションが続きにくい
  • カロリー計算が面倒
  • 空腹感との戦いが辛い
  • 筋肉が落ちにくい
  • お金があまりかからない

 

 

摂取カロリー<消費カロリー

になれば痩せていくという単純な理屈ですがこの数式にしっかりなっているのか把握するための計算が慣れるまでは面倒で挫折ポイントの一つです

 

三大栄養素

(炭水化物、脂質、タンパク質)の中で

避けるべきは脂質(揚げ物や脂身)

取るべきはタンパク質(肉、魚、大豆)

そして炭水化物(ご飯、パン、麺)は

総カロリー数をみながら調整します

 

1ヶ月に−1〜2kgくらいのゆっくりとしたペースで減っていくので筋肉は落ちにくいですがモチベーションが続きにくいです

 

全体的に食べる量や回数が減るので

食費は今までより安くなる事が多いです

 

 

続いて糖質制限ダイエットの特徴

  • 結果が出るのが早い
  • 食べられる物が結構多い
  • 空腹感はない
  • 外食時はお店が限られる
  • お金がかかる
  • 選べばお酒も飲める
  • 中途半端にやると筋肉が落ちる

 

体内から糖質が無くなると

脂肪を活動エネルギーとして消費するようになり痩せると言う理屈です

早い人で制限開始後10日くらいから痩せ始め、1ヶ月に−5kgとか痩せる人もいます

 

結果が出やすいので

モチベーションは続きやすいです

 

何に糖質が多く含まれているかを覚える必要がありますが覚えてしまえばそれ以外は好きなだけ食べられ、お酒も飲めます

 

三大栄養素

(炭水化物、脂質、タンパク質)の中で

避けるべきは炭水化物(ご飯、パン、麺)

積極的に取るべきは

タンパク質(肉、魚、大豆)と

脂質(オリーブオイル、ココナッツオイル、青魚の油)です

 

カロリーは気にしなくてO.K.

 

満腹感を得やすいご飯やパンや麺は避け

肉や魚中心の食事なのでお金はかかります

 

少し苦労するのが友人や同僚なんかと

お昼ご飯を食べる時です

どこのお店のランチも定食や丼もの、パスタやうどん蕎麦、ラーメンといった炭水化物が中心でNG食材が多いです

 

僕はいつも定食屋さんで

焼き魚単品を注文しています♪

 

 

古株のカロリー制限か

それとも新生の糖質制限か

 

どちらがあなたにあっていますか?

 

僕は空腹感がなく短期で結果がでる

糖質制限を選びました!

 

 

 

ここから少しだけ糖質制限ダイエット

について掘り下げます

 

糖質制限において糖質を意識的に制限する事は皆さんできますが

同じくらい意識して欲しいのが

積極的にタンパク質(肉、魚、卵、大豆)を取ると言う事です

これは意識できていない人が多いです

 

糖質制限だけを意識的にやってタンパク質を積極的に取らなくても痩せはします

 

しかしそれは脂肪ではなく筋肉が削られる

と言う全く嬉しくない痩せ方です

 

筋肉が減ってしまうと基礎代謝が落ち痩せにくく太りやすい体になり外見も不健康で弱々しいかなりダサい体型になっていきます

 

 

そして怪我もしやすくなります

 

僕も無知だった頃タンパク質を意識せずに

糖質制限をし

遊びでサッカーをしていたら

アキレス腱を断裂しました

 

全治6ヶ月の大怪我です

 

現役中もこんな大怪我した事は

ありませんでした:(;゙゚’ω゚’):

 

怪我するほど激しいプレーでは

全くなっかたです

 

タンパク質が不足した状態での減量により

筋肉や腱の機能が落ち

怪我に繋がったと思われます

 

 

筋肉をつける事はかなり大変です

アスリート達が

日々負荷の高いトレーニングを行って

やっと少しずつ付いていくレベルです

 

そんな貴重な筋肉を

なるべく落とさない為にも

必ずタンパク質は意識的にとりましょう

 

毎食ステーキを食べても

取りすぎる事はないくらいです!

 

 

ある程度糖質制限について調べだすと

とても興味深い「ケトン体」という

ワードが出てきます

 

ブドウ糖に代わる体内のエネルギー源で

脂肪を分解しつくりだされる物質のようです

 

これだけでもかなり嬉しい物質です

 

さらにブドウ糖の作り出すエネルギーよりも燃費と性能がいいらしく

ある程度持久力を必要とする分野の

アスリートも注目しています

 

そして更に

ガンを含むあらゆる病気にも効果的

との事です

 

まだまだ研究中の物質で賛否両論あるみたいですがとても可能性の感じる神秘的な分野だと僕は思っています

 

この物質を体内に発生させるには約2週間

かなり厳しく糖質制限を行う必要があります

 

炭水化物を制限するのは言うまでもなく

料理に使われる調味料レベルにも気を使いながら1日20g以下に糖質を制限した者だけがたどり着ける領域

 

 

 

 

いわば

「糖質制限の向こう側」です

 

 

 

 

興味ある方はぜひ挑戦してみてください!

 

 

 

最後にダイエットにおいて最も重要な事です

それは…

 

「継続する力」

 

これにつきます

 

 

巷には多くのダイエット法がありますが

特徴が違えど

「継続」さえできれば正直どれをやってもある程度効果はあると思います

 

なので一番整えるべき事は

継続できるための仕組みや環境作り

だと僕は思っています

 

 

周りの人に宣言し協力してもらい

引っ込みつかなくする

 

海に行く計画を具体的に立てる

 

欲しい水着を目標サイズで買ってしまう

 

ある程度お金払って僕や

パーソナルトレーナーに管理してもらう

 

 

継続さえできればあなたの体は

確実に変化しますよ!

 

そしてその成功体験と知識が

あなたに自信をもたらし

今後の体型管理にも大いに役立ちます

 

 

ちなみに僕は4月からダイエット開始し

 

現在72kg→67kg

 

まできました

 

目標はこの二人です♪

一緒に頑張りましょう(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. kzmr.h より:

    お金の領域のみならず、身体の領域まで来られちゃうと困ります!!わら

コメントを残す

*