通信費節約術〜携帯代が実質無料に?〜

今回は家計の中でも地味に負担の重い携帯料金についてです

 

 

 

家計支出は大きく固定費と変動費に分かれます

 

固定費一覧

  • 家(家賃、住宅ローン)
  • 車(自動車ローン、自動車保険)
  • 保険(生保、医療)
  • 税金(所得税、住民税、社保)
  • 通信(携帯、ネット、モバイルwifi)

 

 

変動費一覧

  • 交際費(友達との食事、娯楽、祝儀等)
  • 食費
  • 衣服
  • 美容
  • 雑費(日用品等)

 

 

節約や倹約をしようと思うと

 

外食を減らしたり

遊びを控えたり

こまめに電気を消したり

コンビニでアイス買わなくなったり

一駅歩いてみたり

シャンプー薄めたり

エアコン我慢したり

 

と多くの人が変動費の方に目を向ける傾向にあります

 

 

もちろん無駄使いをなくすという意識はとても重要です

 

 

しかし変動費の節約は

労力の割りに効果が小さかったり

ストレスになり長続きしなかったり

 

 

何より貧しい気持ちになり

幸福度が下がるんですよね(¬_¬)

 

 

 

人生何が楽しいって

 

 

無駄が楽しいわけですよ

✌︎(‘ω’)✌︎

 

 

 

それに比べ固定費の節約は

効果が大きく

幸福度は下がりません

 

 

まずは固定費から見直していきましょう!

 

 

 

今回は固定費の中でも通信費の節約についてです

 

 

実際に僕自身が先月携帯代の見直しをしたところ

月々約7,000円かかっていたのが

実質0円まで下がりました♪

 

 

具体的に何をしたのかをお伝えしたいと思います

 

  1. 携帯キャリアをdocomoから楽天モバイルに変更
  2. 楽天内のサービスをなるべく活用しポイントの還元率を上げまくる
  3. 楽天ポイントで月々の携帯代を払う

 

たったこの3項目です

 

 

では一つずつ詳しくみていきます

 

ステップ1 キャリアを楽天モバイルに変更

みなさん格安SIMという言葉を一度は聞いたことがあると思います

携帯電話会社と言えば

docomo、au、SoftBank

の御三家が圧倒的に有名でシェアを占めていますが

 

近年この大手3社以外にも

楽天モバイルを始め

LINEモバイル、Yモバイル、UQモバイル

など多くの会社がサービスを提供するようになりました

 

格安SIMとは簡単にいうと

御三家以外の安い携帯サービスです

 

 

御三家の料金設定は大体6,000〜8,000円くらいが相場です

それに比べ格安SIMは2,000〜3,000円が相場です

 

 

こんなに差があるにも関わらず

実際に格安SIMを使っている人は全体の3割だそうです

 

もちろん御三家キャリアでないと困るという方も一定数いるとは思いますが

多くの方は格安SIMへ変えるデメリットよりも圧倒的にメリットの方が上回ると思います

 

それでも頑なに御三家キャリアを使い続ける根強いファンがこの割合の構造を支えているようです

 

 

実際に僕が抱いていた格安SIMに変更する場合の懸念点と

実際に変更してみてどうかをお伝えします

 

 

懸念点1 docomo.ne.jpのメールアドレスが使えなくなってしまう…

現状連絡のほとんどはLINEかE-mailなので特に不自由を感じることはないです

 

 

懸念点2 電波が悪くて繋がりにくいんじゃないか…

当然docomoの電波に比べれば弱いですが

電話もネット(検索したりYouTubeみたり)もストレスを感じるほどではないです

 

 

どちらの懸念点も実際には特に問題ないです

 

その他楽天モバイルの特徴をお伝えします

  • 楽天電話アプリを経由すれば通話10分まで都度無料(アプリを経由するのが少し手間です)

10分以上になりそうならLINE電話を使えば問題なしです

※仕事などでLINE電話が使えない相手と10分以上の通話が多い人は御三家キャリアの通話し放題プランの方が安いかも

 

  • 高速データモードと低速モードがあり料金プランに応じて高速モードの容量が決まっている(低速モードは使い放題)

低速モードでもネット検索したりYouTubeみたり問題ないレベルなので僕は一番安い2Gのプラン(楽天ダイヤモンド会員で初年度980円/月)にしています

余ったギガは翌月に繰り越せるし最悪足りなくなったら課金して足せます

 

  • 低速モード中とくに低速になる時間帯がある(12〜13時と18〜19時)

この時間帯は本当に遅いので高速モードに切り替えます

 

  • 高速低速のモード変更はアプリから簡単に切り替え可能

ボタン一つなので本当に簡単です

 

  • 毎月の料金を楽天ポイントで支払い可能

これにより毎月の料金がポイントでまかなえるようになり実質無料になりました♪

 

 

 

実際に楽天モバイルに変更する場合

ホームページから申込みSIMカードが郵送されてと

Web上で完結できますが

 

SIMロック解除やMNP(番号をそのまま使う場合の手続き)など不慣れな事も多いと思うので

直接店舗に行くのがオススメです

約1時間で変更できてしまいます!

 

楽天モバイルホームページ↓↓

https://mobile.rakuten.co.jp/

 

ステップ2 楽天のサービスをなるべく使ってポイントを稼ぐ

楽天では楽天市場(ショッピングモール)を中心に様々なサービスを提供しています

そしてこれらのサービスを利用すればするほどポイント還元率が上がる仕組みになっています

 

サービス一覧

  • 楽天クレジットカード
  • 楽天銀行
  • 楽天保険
  • 楽天電気
  • 楽天証券
  • 楽天モバイル
  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス
  • 楽天ビューティー

 

他にもありますが代表的なものを上げました

 

 

わざわざ還元率を上げるために使わないサービスにお金を払う必要はありませんが

変更できるサービスは変更しなるべく楽天を使っていきましょう

 

僕が実際に使っているサービス一覧です

  • 楽天カード(年会費2,200円かかりますが元は十分取れるのでゴールドがオススメです
  • 楽天銀行(結構便利だし無料で作れます)
  • 楽天電気(電気代が少し安くなり、ポイントも貯まります)
  • 楽天証券(株式投資をする上でシンプルで使いやすく手数料も安く優良な投資信託も多いです。しかもクレカで購入できてポイントも貯まります。
  • 楽天モバイル(ポイントで払える上にしっかり貯まります)
  • 楽天トラベル(他の旅行サイトも使いますが価格差がほとんどない場合はなるべく使います)
  • 楽天市場(日用品は大体売ってます)

 

 

これでポイント還元率が通常の11倍アップです!!

この状態で日々の買い物をなるべく楽天市場で買うようにします

毎月5の倍数の日(5、10、15、20、25、30)はポイントアップセールがあり

他にも何かとポイントアップのチャンスがあるのでその時を狙うと更に貯まります

 

 

ここで一つ会社員の方向けの節税にもなるテクニックを紹介します

 

 

 

楽天ふるさと納税の活用です!

※ふるさと納税については過去のブログをみてください

http://shigeta-fpblog.com/2018/10/27/furusato

 

 

実質2,000円で数万円消費した分のポイントをゲットできるわけです

更にポイントアップセールのタイミングを狙えば…(´∀`*)

 

 

特に欲しい返礼品が無い人は

洗剤やティッシュやトイレットペーパーやタオルなどの

日々使う消耗品を返礼品としてくれる地方自治体に寄付をすれば

お得にゲットできます♪

 

 

 

ステップ3 貯めた楽天ポイントで毎月の携帯代を払う

上記の方法で携帯代くらいのポイントは貯まるので

後は毎月の携帯代に充当するように設定します♪

 

これで僕は毎月約7,000円かかっていた携帯代が実質無料になりました!

 

 

 

 

 

更なるお得情報

  • 楽天モバイル契約時に紹介者がいると互いに1,000〜3,000ポイントもらえます

ちなみに僕の紹介者IDです

ra19102845234

 

少しでもこの記事が役に立てたなら

 

 

是非とも僕にポイントください(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

 

  • 楽天での買い物や楽天カードや楽天銀行などの利用はポイントサイトを経由すると同時にお小遣い稼ぎにもなりますよ!

ポイントサイトは以前の旅行の記事でも紹介したモッピーがオススメです

http://shigeta-fpblog.com/2019/09/30/travel/

 

↓↓このバナーから登録してもらえると僕にも少しばかりお小遣い入ります

モッピー!お金がたまるポイントサイト

是非とも僕にお小遣いください(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 


まとめ

固定費削減は資産を買ったのと同じ効果です

月々7,000円、年間84,000円の不労所得を生み出すには

年利5%の投資商品に170万円投資するのと同じ事です

 

年利5%で運用する事も

現金170万円投資する事も

 

決して簡単では無いと思います

 

この考え方ができると見直す上での多少の手間や労力も

なんて事なく感じられますよ!

100万以上差がつく?退職マニュアル

今月のテーマは

「会社の辞め方」

についてです

 

会社にお勤めの方で定年まで同じ会社で働き続けける方って

どれくらいいるのでしょうか?

 

 

多くの方がライフスタイルや考え方の変化により

 

転職をしたり

結婚を機に専業主婦になったり

起業をしたり

怪我や病気をしたりで

 

 

勤めている会社を退職する機会が何度かあると思います

 

 

ここで何も知らぬままただ辞めてしまうのと

 

しっかり準備をして辞めるのとでは

 

 

数百万以上差がつく可能性が出てくると言うお話です

 

 

 

数万円でなく数百万ですよ!!

 

 

 

結論から言うと

 

傷病手当と失業手当の有効活用です

※傷病じゃないと思っている人も該当する可能性あり

 

まずはそれぞれどんな制度なのか見ていきます

 

 

 

傷病手当とは?

会社にお勤めの皆さんは毎月の給与から

様々なものが引かれているかと思いますが

その一つに健康保険料があります

それを払っている人(国民健康保険は対象外)が病気や怪我で会社を休んだ場合にもらえる手当です

 

 

Q.いくらもらえるの?

給与の65%程度です

 

Q.期間は?

最長1年6ヶ月です

 

Q.条件は?

以下の条件を全て満たす場合もらえます

 

1.業務外の事由による病気や怪我の休業(業務内だと労災扱いになる)

2.仕事につけないこと(医者の証明)

3.療養のため連続3日間以上休む

(土日祝日、有給OK)

 

 

次に失業手当です

 

失業手当とは?

会社にお勤めの皆さんは毎月の給与から

様々なものが引かれているかと思いますが

その一つに雇用保険料があります

 

この雇用保険料を12ヶ月以上払っている方は

失業中に手当をもらうことができます

 

Q.いくらもらえるのか?

退職前の月収の約60%

(年齢や月収により変動)

 

Q.期間は?

90日〜330日

(年齢や辞め方により変動)

 

 

Q.条件は?

1.雇用保険を12ヶ月以上払っている

2.失業者である

(仕事にはつけていないが求職活動をしていて働く意欲はあるというのが失業者の定義です)

 

 

健康保険料や雇用保険料は入社時に会社側が手続きしてくれますが

傷病手当と失業手当は条件に該当していても申請しないともらえません

 

 

 

自己申告なのです!

 

 

 

 

 

では具体的な手順を詳しく解説していきます

 

傷病手当と失業手当は同時に貰うことはできないので

 

傷病手当→失業手当の順番で貰います

 

 

ステップ1  傷病手当の申請

大前提として病気や怪我での療養状態が必要になってきます

心身共に健康な方は該当しませんが

自覚はないけど実は該当するというケースがありますのでチェックしておきましょう

 

傷病手当を申請するにあたり

必ず退職前にやっておかなければいけない事がありますので退職前と退職後と分けてお話しします

 

退職前にする事

会社を連続3日以上休み(土日祝や有給も含めてOK)その間に病院へ行き医者に

就労不可の診断書を出してもらいます

※連続というのがポイントです

 

本人の自覚なく該当しているケースは主に精神的な病です

 

例えば

うつ病、気分変調症、適応障害、統合失調症などです

 

いくつかのチェック項目に該当するかで医者が判断をしますが

その項目を実際に見てみるとどれもあるっちゃあるという項目ばかりです

 

  • 気分が落ち込みやる気が出ない時がある
  • 悲しい、憂うつ、不安、イライラする事が多い
  • 今まで楽しかったことに興味が湧かなくなった
  • 食欲がない事がある
  • よく眠れない、寝ても途中で起きてしまう、一日中眠い
  • 疲れやすい
  • 自分に価値がないと感じる事がある
  • 集中できない
  • 記憶力が低下したと感じる
  • 考えがまとまらない
  • 自分で決断できない事が多い

 

失恋したり悪い天気が続いたりそんなレベルでも十分ありそうですよね

 

精神科や心療内科に行き上記症状を伝え会社を休む為に診断書を出して欲しいと伝えると

大抵は医者も理解し出してくれます

 

注意点は

職場でのストレスが原因となってしまうと労災扱いになり傷病手当はもらえないので

原因は不明となるよう伝えます

 

 

診断書をもらう事ができたらあとは退職後に手続きをしますが

ここで注意が必要なのが

 

退職日は出勤しないようにしてください

 

荷物の整理や最後の挨拶でも退職日に出勤してしまうと

働ける人と見なされ傷病手当はもらえません

 

 

退職後にする事

申請用紙を保険組合に提出します

 

  • 申請用紙取得

協会けんぽのHPからダウンロードもしくは保険組合に直接問い合わせればもらえます

 

  • 申請用紙記入

記入欄は自分と医者と勤務先の3者の記入が必要です

退職後1週間以内に病院へ再度行き症状が改善していない事を伝え

申請書に記入してもらいます

 

次に勤め先に伝え記入してもらいます

直接行くのが嫌な場合は郵送でも対応してもらえるはずです

 

 

申請用紙提出後約1ヶ月後に決定通知書が届き受給開始となります

 

受給後も就労不可状態と治療の意思を証明する為

月に1回は通院し申請書を書いてもらいます

 

これがないと受給ストップします

 

 

ステップ2  失業手当の申請

傷病手当と同時にはもらえないので傷病手当受給後に失業手当ももらいます

しかし失業手当は退職後1年経つともらえなくなってしまうので

 

傷病手当受給が決まった後に

失業手当の受給期間延長申請書をハローワークでもらい申請します

 

 

病気が治り就労可能になったらハローワークにいき失業手当受給の申請をします

この時に傷病だった証明や就労可能の証明について指示があります

 

申請後受給決定が決まったら月に1回ハローワークに行き

求職活動をします

※これをしないと失業者としてみなしてもらえません

 

以上の流れで傷病手当と失業給付合わせて最長2年5ヶ月もらえます

 

金額にして数百万以上です

 

 

 

 

傷病手当は該当しないけど失業手当だけを貰うという方は以下の点を覚えておくと役に立ちます

 

失業手当には「一般受給」「特定受給」の2種類あり

 

通常一身上の都合などで自己都合退社で失業手当の申請をすることが多いと思いますが

これだと一般受給に該当し申請後3ヶ月の待機期間がありその後3ヶ月〜6ヶ月間受給という流れになります

 

 

3ヶ月間無収入状態になってしまう訳です( ;∀;)

 

 

これが会社都合退社になると特定受給に該当し

申請後すぐに受給開始されその後3〜11ヶ月間(年齢や勤続年数によって変動)受給という流れになります

 

 

なるべくなら特定受給に該当させたいところですね

特定受給の条件を貼っておきますのでチェックしてみてください

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_range.html

 

勤め先の倒産や解雇の場合は文句無しに該当しますが

傷病手当同様解釈によっては該当するのでは?

という絶妙な項目も多々あります

 

体調不良系でいくなら傷病手当の時と基本的に流れは同じで

退職前に病院へ行き就労困難という状態にしておきましょう

 

なぜか会社都合を嫌がる企業が多いですが

離職票に自己都合退社と書かれても事前に上記準備をしておけば

失業手当申請時に伝えれば特定受給になります

 

 

 

 

最後によくあるQ&Aです

 

Q.穏便に退社したいのですが勤め先に迷惑はかかりませんか?

A.かかりません

傷病手当は健康保険組合から失業手当はハローワークからお金が出るので会社が負担するものは何もありません

 

 

Q.再就職する際に不利になりませんか?

A.なる可能性はあります

再就職面接時に退職理由を傷病と答えなければ基本的には問題ありませんが

ごく稀に元職場に問い合わせて確認される場合があります

その場合傷病が不利になる可能性はあります

 

他に傷病の有無に関わらず離職後の失業期間が長いと

その期間の過ごし方によっては不利になる可能性はあると思います

 

 

Q.実際に症状がなくても診断書をもらい受給する事は可能ですか?

A.可能ではあります

しかし立場上、モラル上はオススメしませんので自己責任でお願いします

 

 

Q.何かデメリットはありますか?

A.あります。かなり重要なので必ず理解した上で行動してください

症状の大小に関わらず病院でうつなど精神疾患の診断がされると

その後約5年間は生命保険や医療保険に入れなくなります

保険の見直しは事前に必ずしておきましょう

 

 

Q.その他退職するにあたりやっておくべき事はありますか?

A.あります

クレジットカードの審査

賃貸物件の審査

住宅ローンや自動車ローンの審査

などは失業中だと審査通りにくいので事前にやっておきましょう

 

退職後は年金の免状申請と国民健康保険の減免申請をすると負担がかなり軽くなります

(年金は納付期間にしっかり含まれ健康保険も普通に使えます)

 

 

 


まとめ

保険料は強制的に払わせられますが貰う時には自己申告です

知っておかなければ誰もあなたに教えてはくれませよ!

 

偽っての受給はもちろんオススメしませんが

該当する場合は毎月保険料を払っているんだから遠慮なく申請しましょう!

 

知ってるかどうかで数百万変わってくる可能性があるので

共に勉強していきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行とマイル

今月のテーマは「旅行」です

 

皆さん旅行は好きですか?

 

僕は大好きです!

 

見知らぬ土地に行き

異文化にふれ

現地の人と交流する

 

とても新鮮です

 

 

少し移動するだけでこんなにも文化や常識が違うのかといつも驚かされます

 

 

まだまだ行ってみたい場所

見てみたい場所はたくさんありますが

 

旅行をする上で少し大変なのが旅行手配です

 

何も気にしない人なら

最寄りの旅行会社に行って日程と目的地を伝えれば全てアレンジしてくれますが

少しでも安くお得に行こうと思ったら

使えるものを最大限活用して

様々なパターンを比較しながらプランニングをしていく事になります

 

 

今回は旅行を手配するにあたり

いつも僕がやっている事をいくつか紹介したいと思います

 

 

まず旅行を手配するには大きく2パターンになると思います

 

1.旅行会社を使ってのパッケージツアー(交通手段とホテルがセットになってるやつ)

2.交通手段とホテルを別々に個人手配

 

どちらが安くなるか比較して決めます

ほとんど変わらない場合は予約サイトのポイントが欲しいので個人手配を選択します

 

基本的には別々で手配するよりも

パッケージ商品の方が安くなっています

 

しかし例外もあります

 

 

 

旅行会社のパッケージツアー

現在多くの旅行会社が存在し

各社様々なパッケージ商品を出しているので

どの会社のどの商品が安いのかを比較していきます

 

僕がよく使うサイトはトラベルコです

https://www.tour.ne.jp

 

各旅行会社(日本旅行やJTB、じゃらんなど)の比較サイトで最安値のプランが見つけられます

 

航空券単体でもLCC(格安航空会社)も含め比較してくれるのでとても便利です

 

 

 

交通手段とホテルを別々に個人手配

商品の特性上大抵は

交通手段とホテルを別々で手配するよりも

パッケージ商品の方が安くなります

 

しかし割引チケットやセール商品がゲットできたり

マイルを活用できると別々での手配が安くなるケースがあります

 

 

交通手段は大きく分けて新幹線と飛行機になるかと思います

 

新幹線はJRの各サイトで早めにチケット手配すれば

30%OFFなどの先得チケットがあったりするので要チェックです

 

飛行機を使う場合

JALやANAのサイトから手配するのが一般的ではありますが

 

高いです:(;゙゚’ω゚’):

 

そこで注目してもらいたいのがLCC(ピーチ、ジェットスター等の格安航空会社)のセール情報です

 

各社ゲリラ的にいろんなセールを仕掛けて来ます

片道100円のチケットなんかもたまに売っていたりします(しかも海外です)

 

ただセールチケットは販売数が当然限られているので

セール情報をいち早くゲットする必要があります

 

そこでオススメなのがこちらのサイトです

https://dsk.ne.jp/m/news/

 

各社のセール情報をまとめてくれています

 

このサイトを使って行きたいエリアのセール情報をこまめにチェックします

 

多いエリアは

国内全域(北海道、沖縄、九州)

海外の東南アジア(韓国、中国、台湾、香港、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン)

オーストラリア、グアム

この辺りはよく目にします

 

僕も過去にLCCのセールチケットで

 

奄美大島(片道4,000円)

台湾(片道5,000円)

に行きました♪

 

 

 

 

 

そして航空券をお得に手配する方法で絶対に外せないのが

マイルの活用です

 

マイルの貯まるクレジットカード(ANAやJALやAMEXなど)で日々支払いをすると都度マイルが貯まっていきます

貯まったマイルは航空券と交換する事ができます

 

合計150万円くらいのクレジットカード利用があると沖縄往復できるくらいのマイルがたまリます

合計400万円くらいの利用でハワイ往復できます

 

どちらも1〜2年くらいで現実的に貯められそうな数字ですよね!

 

しかし!!

もっと効率よく多くのマイルを貯める方法があるんです

 

それはポイントサイトの活用です!

 

ポイントサイトを使って貯めたポイントからマイルへ交換する事ができます

 

ポイントサイトもいくつかあって迷うところですが

僕が使っているオススメのポイントサイトを一つ紹介します

 

それはモッピーです↓↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

簡単に説明すると

モッピーに搭載されている企業のサービスを利用するとポイントが貰えるという仕組みです

 

サービスの種類は様々で

楽天やアマゾンやビックカメラなどのショッピングサイトや

食べログや一休などの飲食予約サイト

じゃらんやエクスペディアなどの旅行サイト

 

とにかく日常的に利用しやすいサービスがかなり多くあります

しかもモッピーを経由しモッピーポイントを貯めながら

従来つく予定の楽天ポイントやアマゾンポイントもつきます

クレジットカードのポイントももちろんつきます

 

ポイントの二重取りや三重取りができるようになります

 

 

ポイント数は各サービス毎にかなり差があり

高ポイントが狙えるものだと

 

クレジットカードやFX口座の作成、不動産投資の面談などは無料でできるものもたくさんあり

高ポイントが期待できます

 

 

モッピーなどのポイントサイトを活用できるようになってくると

 

年間で数十万マイル貯められるようになるので

夢のビジネスクラスやファーストクラスでの旅行が現実的となってきます

 

実際に僕もモッピーを活用し

ハワイにファーストクラスで行けるほどのマイルを貯めました!

 

ちなみにマイルを使わずに普通に買うと

 

東京ホノルル便ビジネスクラスは

往復約100万円

 

 

ファーストクラスは往復約200万円します

 

中々手が出ない金額ですよね:(;゙゚’ω゚’):

 

しかしマイルでならかなり現実的です!

 

 

マイルのより詳しい貯め方については

「陸マイラー」と検索すると

わかりやすくまとめられたブログがたくさん出てきますので見てみてください

 

 

ちなみにモッピーで貯めたポイントは

1P=1円と交換できるので

飛行機に乗らない人でもお小遣い稼ぎに活用できます!

 

簡単に登録できるし

以下のバナーから登録してもらえると

僕に少しばかりマイルが貯まりますのでぜひ登録してみてください!

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

早速マイルを貯めようと思った方は

ANAカードやJALカードを作る事になると思いますが

それもモッピーから作るとポイントがもらえます!

 

とにかくネットから何かを買ったり申し込んだりするときには

モッピーで一度検索してみると大抵のものはあるので抜かりなくいきましょう!

 

 

 

 


まとめ

LCCの普及や比較サイトの発達により昔に比べかなり安く旅行ができるようになっていると感じます

そこにマイルが活用できるとさらに選択肢は広がります

 

各サービスをフル活用してより安くお得に旅行を楽しみましょう♪

 

あなどれない利回りと雪だるま

老後資金2000万円必要

 

最近金融庁が公表した公的年金以外に必要な老後資金額です

 

国として老後の生活すべては面倒みきれませんよという宣言です

 

もちろん老後資金以外にも生きていくうえで様々なお金がかかってきますが

国の発表により以前よりもみなさんの危機感が高まっているように感じます

 

将来に向けて資産形成を考えていく中で今日はぜひみなさんに意識してほしい

「利回り」についてです

 

利回りと利率と予定利率と金利となんだかいろんな似たような投資用語があり

厳密にはどれも違いますが

ここでは払ったお金に対して何パーセント増えたり割り引かれたり配当されたりをひとくくりに利回りと表現していきますので細かいことは気にずに!

 

 

高金利だった頃は何も考えずに銀行や郵便局に預金をしていればお金は勝手に増えていきましたが現在は超低金利で今後も長らく続くと思われます

 

超低金利だからこそ日頃から利回りを意識してできるだけ効率よく資産形成していきたいものです

 

FPとして日頃多くの方とお金のお話をしていると

みなさんの利回りに対する感覚が伝わってきます

基準となっているのはやはり銀行の定期預金金利です

 

都市銀行の定期預金金利は

現在年利0.01%です

 

ここを基準に

0.1%のネットバンク定期預金

→10倍も増えて素敵(^-^)

 

1%の財形貯蓄

→破格の金利だわ\(^o^)/

 

3%の外貨建て保険やワンルームマンション投資

→リスクがあって少し怖いかも( ゚Д゚)

 

10%の投資話

→怪しい詐欺に決まってる(;゚Д゚)

 

100%の話

→もはや自分には無関係(・o・)

 

 

こんな具合です

 

超低金利時代に生まれ育った世代として気持ちはとても分かります

 

では感情が反応しない許容範囲内の1%の商品で資産形成がどれほど楽になるでしょうか

0.01%に比べればマシというレベルでさほど楽にはなりません

1%はもはや最低ラインであり当たり前という感覚をもってください

 

 

ここで少し見方を変えていきます

クレジットカードで支払うとポイントが付くことはみなさん当然知っている事と思います

この還元率は0.5~1%くらいが相場ですが

この還元率も利回りを考えていくうえで非常に重要です

もちろん還元されたポイントで資産形成がされていくわけではありませんが

日々の支出から割引を受けているようなものなのでその分貯蓄に回せます

 

 

クレジットカード以外にも

今はたくさんポイントがつきます

 

各ポイントの具体例をいくつかあげます

 

コンビニポイント

各コンビニ専用のポイントがあります

セブンイレブンはナナコ

ローソンはポンタ

ファミマはTポイント

どれも最低1%つきます

目玉商品は30%以上つくものもありますよ

 

 

アマゾン、楽天ポイント

みなさんが日常的に買うものの大半はアマゾンか楽天で買えます

どちらも最低1%、条件によっては5~10%つくこもあります

 

 

マイル

JALカードやANAカードをつかうと100円につき1マイル程度がもらえます

1マイルを円に換算してみると2~4円程度(航空券の価格が変動するので1マイルの価値も変動します)になるので実質還元率だと2~4%あります

更にポイントサイトを経由して楽天やアマゾンで買い物をするとポイントとマイルの両方をもらえたりするので還元率は更に高まります

 

〇〇ペイ

キャッシュレス社会にむけて現在多くの企業で覇権争いが繰り広げられていることにより各社様々なキャンペーンを出しています

代表格はPayPay、LinePay、メルペイ、楽天ペイあたりでしょうか

10~20%還元しています

 

肉マネー

ステーキチェーン店のいきなりステーキでは毎月29日に1万円以上チャージすると15%つきます

低糖質ダイエッターはステーキをよく食べるのでこの還元はありがたいです

 

 

 

どれもみなさんなんとな~くは知っていたのではないですか?

でも実践している人はごく一部の人だけです

 

実践しない多くの人の理由は

 

「面倒だから」

 

がほとんどかと思います

 

新しく何か登録をしたり仕組みを理解したりするのは確かに瞬間的に面倒という気持ちがわいてきます

それは僕も同じです

 

 

ここで少し考えてみてください

 

その恩恵分を労働で稼ぐ方が大変ではないですか?

 

年間400万円使う人の1%の還元額は4万円です

 

4万円を時給で稼ぐには何時間働くのか考えてみてください

 

登録をしたり仕組みを覚えたりするのが面倒なのは初めだけです

慣れていくほどその手間は無くなっていきます

 

 

 

 

労働に比べれば格段に楽ですよ!!

 

 

 

 

超低金利時代だからこそ拾えるお金はしっかり拾っていきましょう♪

 

 

 

次にリスクについてです

年利3%を超えてくるとみなさん何かしらリスクがあって怖いという先入観を持っている人が多いです

その怖がっているリスクって具体的になんですか?

結構曖昧ではないですか??

 

逆にいうと曖昧だからリスクに感じるんです

いうならば情報不足です

情報収取しましょう!

 

 

 

説明は十分聞いて納得もできたけど

何かが不安だわ…

 

 

この気持ちもわかります

 

 

 

これは信用不足です

 

 

その情報や提案者のことを信用できていないわけです

信用できる人に相談をしましょう!

 

 

 

僕は資産形成の手段の一つとして予定利率3%程度のドル建て保険を提案する事がよくありますが

リスクを感じる人で多いのが

外貨って何となく怖い…変動するってことは損する事もあるんでしょ?

という意見です

 

あなたの持っている円も

外国人からしたら外貨ですよ!!

 

そして変動=損する

と考えるべき人は全資産を外貨でもっている人だけです

 

ドルと円は必ず相対的な動きをします

円が安いときドルは高いです

円が高い時はドルは安いです

 

シーソーゲーム♪な関係なわけです

 

 

ということは使いたいときに有利な方を選択できるわけです

リスクどころかメリットなわけです

 

逆に円しかもっていない人は選択できないので常に為替リスクにさらされているのです(認識していない人は多いです)

 

 

 

資産形成の一つとして他にFXを提案することもあります

とてもハイリスクなイメージですが実際はFXがハイリスクというより

やり方がハイリスクなように感じます

 

僕は23歳から約10年間FXをやっていますが年単位で負けたことはありません

難しいなんちゃら分析や手法も分からないし為替の上下なんて全く予想できません

 

けど常勝できています

 

それは大勝はできなくてもいいから負けないようにというスタンスでやってきたからです

なのでほとんど攻めません

堅く守ります

イタリア代表です

1-0の勝利が一番美しいんです

カテナチオスタイルと呼んでいます

 

 

 

FXは安いところで買って高いところで売るが儲ける基本ですが

実は売買をしなくても保有しとくだけで毎日チャリンチャリン♪する

スワップ金利という仕組みがあります

僕も自分でやってみるまで知りませんでした

 

 

これだけでも年利10%近くあります

 

トレーダーを目指す人にとっては全然少ないかもしれませんが

 

それ以外の人には十分だと思いませんか?

 

チャレンジしてみたい人は相談してもらえれば教えますよ

 

 

 

 

他にも年利10%程度の海外の銀行定期預金なんかも紹介します

 

発展途上国の預金金利が高いことは昔から知っていましたが

現地の言葉や文化が分からなくてとても敷居が高く感じ

全く手がでませんでした

 

しかし3年前にとても信頼できる方から現地で銀行を経営している日本人の方を紹介してもらい

日本にいながら口座開設できるようになりました

 

 

もちろん現地にも直接訪問し実態の確認とオーナーの方と直接お話するこもでき

より安心して使えるようになりました

 

 

 

僕の身の回りだけでも利回り10%くらいのものでしたらほとんどリスクなく扱えるのでみなさんの資産形成にも積極的に取り入れてもらいたいです

(当然僕を信用してもらえればのお話ですが)

 

 

 

そして最後に利回りを考えるうえでセットで重要な考え方が「複利」です

アインシュタインが

複利は人類最大の発明だ!

と唸ったとされたあれです

 

 

簡単に言うと雪だるま式です

増えた分に対して利率をかけていくので

雪だるまのごとくどんどん大きくなるわけです

 

 

「複利」と非常に相性がいいのが「時間」です

どんなに小さなスノーボールでも

時間をかければかけるほどどんどん大きくなっていきます

 

大きくなるなり方も時間をかけるほど威力を増していくわけです

 

 

 

資産形成や投資において複利と時間は強力な武器となります

 

「自分にはお金がないから…」

と先送りせずに

 

小さくてもいいので雪をかき集め小雪だるまをつくって転がし始めましょう!

 

 

 


まとめ

焦る必要は全くありません

めんどくさがらずに出来ることから始めましょう

落ちている小銭をしっかり拾いましょう

 

その小さな子雪だるまが時間とともに大きく育っていきますよ!

 

副業最強かよ、その2

前回に続き今回は副業をしていく上での疑問や対策、実例のお話です

具体的な商材も紹介します!

 

前回のまとめ

  • 時給の仕事ではなく事業を組み合わせる
  • 事業のスタートは何かをまず売ってみる
  • 継続するためにお金のかからない方法で
  • とにかくスタートせよ

 

 

実際にスタートしようとするとあれやこれや考えてしまって中々始められないものです

 

何を売ればいいのかな?

どうやって売ればいいのかな?

ネットで売るにはホームページが必要?

本で勉強が必要?

何か届出は必要?

 

色々考えていて中々スタートできずにもう何年も経ってしまってる人も多いと思います

 

 

はっきり言います

 

 

 

JIKANNO MUDA!!

 

 

 

一番始めにやった商売で稼げる人なんてほとんどいません!!

 

しかし

何かを始めなければ稼げるようになる可能性もありません!!

 

 

大損する事もなければ、事故る事もありませんので今思いついている簡単なアイディアをまずは試してみましょう♪

 

僕が一番始めにやった事は

ヤフオクで不用品を売る

合コンを企画して1人500円ピンハネする

でした

 

驚くほど単純でチープなアイディアです

 

これがどう事業に発展していくかって??

 

 

ヤフオクやメルカリを使って誰かの代わりに売って手数料を貰えば立派な代行業です

 

多くの合コンを企画して参加費を貰えば

イベント企画業

お店から飲食費の一部を貰えば

立派な飲食斡旋業です

 

 

小さな事でも

自分以外の人を巻き込み

周りの人のお役に立つと

立派な事業に発展していくわけです

 

 

とにかくその小さな一歩を踏み出す事が重要です

 

 

とは言え疑問があると不安になると思いますので

スタート時にみなさんが疑問に思うであろう項目をQ&Aでまとめます

 

 

Q.税金の申告はどしたらいいの?

 

A.一応税法上では年間20万以上稼いだら申告してねとなっています

 

実態はというと

申告していない人も多いし

してなかったからといってすぐにお咎めがあるわけでもありません

(税務署も忙しいですからね)

 

 

ただ申告した方がお得になるケースも出てきますので20万越える可能性がある人は僕に一度ご相談ください!

 

 

 

Q.開業届けは出さなきゃいけない?

 

A.一応事業を始める人は税務署に開業届けを出してねと税務署は言っています

 

しかし実態は

出していなくても何かお咎めがあるわけではないのでそこまで気にしなくてもいいですし

確定申告をするようになったら自動的に事業者と見なされます

 

 

Q.勤め先の会社にバレない?

 

A.バレる可能性はあります。一応対策はあります

 

昔に比べ副業に対する理解がされてきたとはいえ

まだまだ副業を禁止する会社は多いかと思います

 

そこで副業バレの対策をお伝えします

 

まずバレる原因ですが

個人事業の場合

アルバイトのようにどこかのお店で働いている所を社内の人に目撃されてしまうというケースはほとんどないかと思います

(個人的な活動を目撃されたら趣味とか自己啓発だと言い張ればいいです)

 

多くの場合は同僚からの密告か住民税の変化によってバレます

同僚からの密告に関しては

人間関係の部分なのでなるべく恨まれたり妬まれたりしないよう日頃から心掛けておく必要があります

社内の仕事もしっかりとこなし

同僚からも応援してもらえる環境にできるとベストです

 

次に住民税の変化です

住民税は前年度の所得をベースに計算され納税額が決定し

5月ごろに会社を経由し通知されます

 

副業をしていて確定申告をするようになると

当然会社が把握している所得額とは違ってくるので

そこで「おや?何かおかしいぞ」となる訳です

そこで副業が疑われる訳です

 

社員数の多い大きな企業では

経理担当者が全社員の通知書を事務的に処理しているので気づかれにくいですが

社員数の少ない小さな企業や

同期全員が同額の給与をもらっているケースだと気づかれる可能性があります

 

 

これを防ぐには住民税の支払方法を会社からの給与天引きではなく

自分自身で納付する方法に切り替える事です

 

確定申告時に住民税の項目の

「自分で納付」

という欄にチェックをし提出するだけです

 

そうすることにより決定通知書が会社経由ではなく直接自宅に届くようになります

 

もちろんこれで100%会社に疑われないという訳ではありませんが

住民税の額から疑われる可能性に関しては対策できます

 

 

Q.集客はどうやるの?

 

A.正解はないので今すぐできる方法から試行錯誤していきます

 

おそらく皆さんが一番抵抗を感じ挫折していくポイントだと思います

インターネットが普及した現代ではSNSやブログ、YouTubeを活用した集客やマーケティング手法も多くあると思いますが

それは誰でも簡単にという訳ではないので

まずは誰でもできて今すぐできるアナログな方法から始めてみてください

 

アナログ手法の第一歩はあなたのお友達や家族に声をかけて「協力」をしてもらう事です

お客さんの対象となる人を紹介してもらえるよう協力をお願いしてみましょう

 

ここでのポイントは「協力をお願いする」事であって「買ってもらう」事ではありません

ここで一生懸命に売り込み買ってもらおうとすると

大抵は嫌がられ友達が減っていきます

 

アナログな手法はとてもシンプルですぐに始められますが

効率はあまりよくないので同時にデジタルの準備を進めていけるといいです

画期的な手法を知っている訳ではありませんが

基本的には情報をより多くの人に向けて発信する事だと思いますので

SNSやYouTubeは身近でとても便利なツールかと思います

 

ストアカ、ここなら、ジモティなど最近では売り手と買い手を繋いでくれるよなサービスもあります

 

 

Q.ホームページは必須?

 

A.必須ではないです

 

事業内容の説明や問い合わせ窓口としてもちろんホームページがあった方が便利ではありますが

制作費と制作時間は当然かかるのでスタート時はあまり気にしなくていいと思います

最近ではSNSの普及によりFacebookやインスタをホームページ代わりに使うこともできるので

まずはお金をかけずにすぐにできる事でやっていき

必要性を感じてから検討しても遅くはないです

 

 

Q.始める前に本などで勉強は必要?

 

A.不要です。必要ないものでスタートしてください

 

実際にスタートすれば必然的に勉強していく事になるので

始める前に長々と勉強する必要は全くないです

実践を通して勉強する方が圧倒的に早く、使える知識が身につく事でしょう

 

本を読んだり勉強している事を

やらない理由にしていませんか?

 

そんなあなたに一番必要なのは知識や勉強ではなく

一歩踏み出す勇気です

 

 

 

 

 

ある程度疑問も解消されてたし早速やってみようとなって次に感じるのが

一体何で商売をしていくかという手段の模索です

 

正直何でもいいです

 

とはいえ迷ってしまうと思うので

参考までに僕の周りの方の実例をいくつか紹介します

 

どれも身近なネタで皆さんにもすぐに真似できるものもあると思います

 

 

30代 男性

趣味:サッカー

事業内容:個人サッカー&フットサル企画

収益源:参加費

見込み利益:1万円/1回

 

公共のグランドを借りてサッカーやフットサルの企画をしています

グランドを借りる費用を引いて残る金額が利益です

団体スポーツは一定の人数が集まらないと試合ができないため

一人から気軽に参加できる個人参加型は利用者にとってもとてもありがたいです

自身が好きなスポーツであればあまり苦労なく継続していく事が可能ですね

 

 

20代 女性

特技:英会話

事業内容:英会話コミュニティ企画、オンラインレッスン

収益源:参加費、受講費

見込み利益:5000円/1回

 

カフェや公共施設にて英語を話すためのコミュニティの運営、オンラインでの英語レッスンをしています

教える事を仕事にしようとするとある程度の語学力が必要となりますが

外国語学習者のアウトプットを目的とした会話するだけのコミュニティの企画なら

そこまでの語学力がなくても可能です

自身が学びたい言語なら自身のスキルアップと継続的な学習にも繋がります

 

 

20代 男性

特技:人と人を繋ぐ事

事業内容:人材仲介業

収益源:企業や事業主に人を紹介し成約になった時の紹介料

見込み利益:1万円〜数十万円/1案件

 

商品やサービスを提供する企業や事業主とそれを求めるお客さんのマッチングをしています

自分で何か商品やサービスを作り出すのは中々大変だが

既にあるものを紹介するだけなので比較的敷居は低いと思います

自分が実際に利用してみてとても魅力に感じるものであればあるほど紹介はしやすいです

少しお節介なくらい人の役に立ちたいという気持ちが強い人ほど向いています

 

 

 

 

 

どれもやり始めてすぐに儲かる訳では決してありませんが

特に大きな準備もなくすぐに始められるものばかりではないでしょうか

 

事業規模に発展させるためには「継続性」がとても重要になってくるので

なるべく自分の好きな事や苦ではない事、学びたい事である方がいいです

自分が好きなんだから他にも好きな人はいるはずだ→その人たちを募って企画しよう

という気持ちが多くの人の役に立ち、商売へ繋がっていきます

(自分の好きなものはみんなには内緒にしておきたい性格の人は向いてないかもしれませんね)

 

 

好きな事や得意な事が思いつかないという人は3つ目の人を繋いで紹介料を貰う仕組みがオススメです

まずは紹介先の企業や事業者をリストアップし交渉してみましょう

先方にもメリットがある事なので結構快く応じてくれますよ!

 

紹介先の例

  • 不動産屋さん
  • ネット回線などの通信会社
  • ガス屋さん
  • 車屋さん

 

もちろんFPの僕も紹介料をお支払いできる案件はいくつかあります!

金融商品(保険商品は法律上紹介料は払えません)

転職相談

 

特に最近では転職相談がホットです

紹介できる企業も豊富で転職が成立した場合に数十万の紹介料を払う事も可能です

 

興味ある方や副収入が欲しい方は詳細お伝えしますので気軽にご相談ください♪

 

 

 


まとめ

サイドビジネスで月収100万円!

とか確かに夢はあります

しかしみんながなる訳ではないし目指す必要もないと思います

 

月に数万円でも収入が増えれば

生活が楽になるかも…

趣味に使えるかも…

子供に習い事をさせてあげられるかも…

旅行にいけるかも…

美味しいものを食べられるかも…

もう少し広い家に住めるかも…

 

どれも立派な動機です

その気持ちや欲望を素直に受け止め一歩を踏み出す事によって

見える世界はどんどん変化していきます

 

みなさんのその一歩踏み出すきっかけに少しでも貢献できたら嬉しいです♪

 

 

 

 

副業最強かよ

あのみずほ銀行が

副業を解禁したみたいですね

 

皆さん副業してますか?

 

既にしている人

したいなと思っている人

なんかいいネタ無いかなと探している人

 

昔に比べ間違いなく増えていると思います

 

実は僕の今の仕事

FPも副業からスタートしています

 

今回のテーマは「副業」です

 

 

 

大前提僕は副業に対してめちゃくちゃ

肯定的です(^ ^)

 

なので肯定派の立場からめちゃくちゃ偏った見解で伝えていきますので

覚悟してください♪( ´θ`)ノ

 

 

今回のブログの目標は以下2点です!

  • 副業に興味が無い人に興味を持ってもらう
  • 既に興味を持ってはいるがスタートできていない人にスタートしてもらう

 

 

はじめに仕事のジャンルのお話からです

世の中には数多くの仕事がありますが

これを大きく二つに分けたいと思います

 

  • 誰かに雇われ時給で働く仕事

例)会社員、アルバイト

特徴

報酬や給与を自分で決めることはできない。収入は労働時間に比例するのでお金を稼ごうと思うと時間が減るが、逆に時間を使えば確実に入ってくる

ローンやクレジット審査、賃貸審査は通りやすい

 

 

 

  • 自分で価格を決め商品やサービスを売る仕事

例)個人事業主、経営者

特徴

報酬や価格は自分で設定する。収入は成果に比例し労働時間には比例しない。ほとんど時間を使わず大金を稼ぐことも可能だが多くの時間を割いても全く稼げないこともある

ローン、クレジット審査や賃貸審査は通りにくい

 

 

2つの働き方を比較してみると

互いのデメリットがメリットになっている

事に気がつきます

 

つまりこれら2つを組み合わせる事でデメリットを補えるという事です

 

多くの会社勤めの方には

後者の働き方を副業として組み合わせるのがオススメです♪

 

 

しかし後者の働き方を副業として始めてみようと考えた時

個人事業主、経営者という言葉がとても敷居高く感じる人も多いとは思います

スタート時は難しく考えずに何か売ってお金を稼いでみようくらいの軽い気持ちで十分です

 

  • 手作りのアクセサリーを売ってみる
  • 英語を教えてみる
  • イベント(合コン、フットサル、旅行など)を企画し参加費を貰ってみる

 

なんでもいいので直接何かを売って稼ぐことからスタートしてみてください

時給以外の方法でやってみるという事がとても重要です

ちなみに僕のスタート時はヤフオクやフリーマーケットで服や雑貨を売りました

 

それが継続的になってくると個人事業と呼べるレベルになっていくわけです

 

 

 

 

事業になっていくと収入が増えるのはもちろんのこと

他にもいい事があります

それは…

 

 

 

 

税金が安くなる✌︎(‘ω’)✌︎

可能性があります

 

 

日本の税制は累進課税制度といって通常

収入が増えると税金も高くなっていきます

 

が、しかし!!

 

 

個人事業を組み合わせると収入が増えて税金は減るという事が起こり得ます

 

 

時給の仕事を組み合わせると

 

収入増⤴︎に伴い税金増⤴︎労働時間増⤴︎に自ずとなってしまいますが

 

 

個人事業を組み合わせると

 

収入増⤴︎税金減⤵︎時間ほとんど使わずになる可能性が出てきます!!

 

 

そして副業として始めた事が将来的に本業を超える収入源に育つ可能性も秘めています

 

時給の仕事でそれは考えにくいですが

小規模でも商売や事業は十分あり得ます

 

 

お金の面は分かりやすいメリットですが

精神的にも僕はかなりのメリットを

感じています

 

 

それは本業に対する依存度が下がるという事です

 

 

人は何かに対する期待や依存が大きくなると

 

心を支配されてしまいがちです

 

 

この仕事を失ったらどうしよう…

この人を失ったらどうしよう…

 

 

誰しもこんな気持ちを抱いた事はあるかと思います

 

 

すると嫌な事や要求にノーと言いづらくなり

我慢が出てきます

 

この我慢が大きくなると不安や怒りが出てきてとにかくストレスを感じる事になります

 

 

収入源が一つだけというのはまさにこんな

状況ではないでしょうか

 

この状況に身を置き続けると

自分が選んだはずの会社やパートナーに嫌気がさしてくるものです

 

 

そこで収入源を増やす事により

依存度が下がると必要以上に失う事を

怖がる事は無いので

自分の意見が主張できるようになっていきます

 

この状態になると本業やその人との生活が

一転し楽しく感じられる可能性があります

 

「最悪クビになってもいいや〜」

「最悪嫌われてもいいや〜」

 

こう思えると人はいい意味で開き直り

自分らしくなっていくものです

 

 

 

僕は経済的なメリットよりもこちらの精神的なメリットの方が実は生きる上では重要だと感じています

 

今収入源が一つしかない人はすぐに副業を

スタートする事をオススメします

 

想像してみてください

 

一社から毎月50万円のお給料をもらう

状態と

 

4つの収入源から各10万円ずつ

合計40万円入る状態

 

どちらが「安心」ですか?

 

 

副業の第一歩は

何を売るか時間をかけて考える事ではなく

まずは試しに何か売ってみる事です

 

今の時代はインターネットの発展により

昔と比べ個人が何かを売るハードルはかなり下がっていると思います

 

ヤフオクやメルカリやAmazonも格段に簡単で使いやすくなっていますし

YouTubeやブログで気軽に情報発信したり宣伝広告したりできますし

自分の様々なスキル(英語、PC関連、音楽、料理、トレーニング等)を売れるストアカやココナラなどのwebサービスもあります

 

 

既に何らかの商売を経験した人は

事業へと発展させていくために

商材やサービスを探していく必要があります

 

これを売ったら誰でも儲かるという魔法の

商材やサービスはほとんどなく

あなたの人柄や能力や性格や人脈などにより同じ商売でも結果は人それぞれ全く違ってくるものなので

ここでは商材やサービス選びのポイントについてお話しします

 

 

副業としてスタートし事業へと発展させていく上で重要な事が

「継続性」

だと僕は思っています

 

どんな商売でも継続できると

信用が増し

固定のお客さんがつき

中身が浸透し

学習し

そして事業へ育っていくものです

 

やり続けるというと一つの商売をずっと続ける事をイメージし

凄く難しく感じると思いますが

何も一つの商売だけをやり続ける事を考えなくていいです

 

 

あのゲームで有名な任天堂も

昔は花札を売る会社でした

 

SNSのはしりというイメージのmixiも

今ではネットゲームがメインサービスだったりしています

 

 

中身は変われど、あなた自身が商売を継続し続ける事が重要です

 

 

なのであまり難しく慎重に考えずに

今の自分にできる事

苦ではない事

興味がある事

身近にやっている人がいる事から気軽に

チャレンジしてみましょう

 

飽きたり苦痛に感じたら一旦手を止め他の事にまたチャレンジすればいいのです

 

 

そうこうしているうちに気ごつけばハマる事や好きな事や向いている事に出会えたらラッキーです!

 

 

継続する上で注意しておきたい事が

資金管理です

 

続けたい気持ちがあっても

お金が尽きてしまうと続けられなくなってしまうので

なるべくお金のかからない事からチャレンジしていく事がオススメです

 

仕入れや在庫がある商売は継続しにくいでしょう

 

できるだけそれらのない事

自分の持っているスキルや能力を人に教える仕事や他人のサービスを紹介する仕事なんかがオススメです

例)家庭教師、カフェで英語指導

人材紹介、宣伝広告代行

 

 

 

 

次回は実際に商売として取り組んでいく中で感じる疑問(集客や税務や届出や会社バレ対策)や副業している人の実情

 

僕から紹介できる具体的な商材やアイディアをお伝えしようと思います!

ダイエット

皆さんいよいよ来ますね

 

 

夏が!

 

 

 

夏といえば海です

 

 

海といえば水着です

 

 

 

 

 

 

皆さん今の体で脱げますか??

 

 

 

 

というわけで今月はダイエットについてです

 

今回はいつもとは違いお金の話ではなく

ダイエットです!

 

 

 

僕の名刺を持っている方々

気づいていましたか?

 

実は事業内容の一つに

ダイエットコンサルタントがあることに!

 

 

実は数年前から密かにやっている事で

実際にお金を頂いてプロとして

結果にコミットしているわけです

 

 

僕自身がダイエットに真剣に

取り組んでいた時期があり

その経験を踏まえて行なっています

 

22歳までサッカーをしていて

自分はどれだけ食べても太らない

黄金の体なんだと本気で思っていました

 

しかしサッカーを辞め普通の生活を

していたらしっかりとデブりました

 

自分では中々気づかないものですが

久しぶりに会う人からこぞって太ったと

言われダイエットを決意したわけです

 

約1年間様々なダイエットを試行錯誤してある程度自分の中で太る理屈、痩せる理屈が理解できた時にあれが世にで始めたわけです

 

 

 

 

 

金の匂いを嗅ぎつけた僕は

 

 

 

 

早速パクってみたわけです

 

 

 

 

健康の分野は掘り下げると

キリがないくらい難しい話になり

賛否両論も沢山出てきてしまうので

なるべく分かりやすさ重視で

簡単に書いていきます

 

専門的な知識をお持ちの方からの

小難しい指摘はご勘弁を!

 

 

 

Q.結局痩せるにはどうしたらいいの??

A.食事制限です。運動よりも食事です

日々口にしているもので

あなたの体は作られています

 

ダイエットは大きく分けると

「食事」「運動」の二つです

 

もちろん運動も体を構成する上で

間違いなく影響していますが

比率で言うと圧倒的に食事です

 

運動1:9食事

 

これが現実です

 

極端な話運動を一切しなくても

食事が変われば体は確実に変化します

 

しかし食事を変えずに

一駅分歩こうが

エレベーター乗らずに階段使おうが

ジムでエアロバイクこごうが

さほど変化しないのが現状です

 

なので夏までに痩せたいダイエッターの皆さんはジムに通う計画を立てるよりも前に食事管理の計画を立てることです

 

 

Q.どう食事制限をすればいいの?

A.カロリー制限or糖質制限のどちらかです

 

昔からあるダイエットの王道カロリー制限と最近出てきたニューカマー糖質制限です

この二つは特徴が違えどどちらも痩せます

 

どちらをやるかはそれぞれの特徴をみて

自分に合う方を選択してください

 

一番最悪なのが

中途半端にどちらも取り入れようとすることです

 

逆効果になりますので必ずどちらかを選択した方がいいです

 

カロリー制限ダイエットの特徴

  • ゆっくり痩せていく
  • モチベーションが続きにくい
  • カロリー計算が面倒
  • 空腹感との戦いが辛い
  • 筋肉が落ちにくい
  • お金があまりかからない

 

 

摂取カロリー<消費カロリー

になれば痩せていくという単純な理屈ですがこの数式にしっかりなっているのか把握するための計算が慣れるまでは面倒で挫折ポイントの一つです

 

三大栄養素

(炭水化物、脂質、タンパク質)の中で

避けるべきは脂質(揚げ物や脂身)

取るべきはタンパク質(肉、魚、大豆)

そして炭水化物(ご飯、パン、麺)は

総カロリー数をみながら調整します

 

1ヶ月に−1〜2kgくらいのゆっくりとしたペースで減っていくので筋肉は落ちにくいですがモチベーションが続きにくいです

 

全体的に食べる量や回数が減るので

食費は今までより安くなる事が多いです

 

 

続いて糖質制限ダイエットの特徴

  • 結果が出るのが早い
  • 食べられる物が結構多い
  • 空腹感はない
  • 外食時はお店が限られる
  • お金がかかる
  • 選べばお酒も飲める
  • 中途半端にやると筋肉が落ちる

 

体内から糖質が無くなると

脂肪を活動エネルギーとして消費するようになり痩せると言う理屈です

早い人で制限開始後10日くらいから痩せ始め、1ヶ月に−5kgとか痩せる人もいます

 

結果が出やすいので

モチベーションは続きやすいです

 

何に糖質が多く含まれているかを覚える必要がありますが覚えてしまえばそれ以外は好きなだけ食べられ、お酒も飲めます

 

三大栄養素

(炭水化物、脂質、タンパク質)の中で

避けるべきは炭水化物(ご飯、パン、麺)

積極的に取るべきは

タンパク質(肉、魚、大豆)と

脂質(オリーブオイル、ココナッツオイル、青魚の油)です

 

カロリーは気にしなくてO.K.

 

満腹感を得やすいご飯やパンや麺は避け

肉や魚中心の食事なのでお金はかかります

 

少し苦労するのが友人や同僚なんかと

お昼ご飯を食べる時です

どこのお店のランチも定食や丼もの、パスタやうどん蕎麦、ラーメンといった炭水化物が中心でNG食材が多いです

 

僕はいつも定食屋さんで

焼き魚単品を注文しています♪

 

 

古株のカロリー制限か

それとも新生の糖質制限か

 

どちらがあなたにあっていますか?

 

僕は空腹感がなく短期で結果がでる

糖質制限を選びました!

 

 

 

ここから少しだけ糖質制限ダイエット

について掘り下げます

 

糖質制限において糖質を意識的に制限する事は皆さんできますが

同じくらい意識して欲しいのが

積極的にタンパク質(肉、魚、卵、大豆)を取ると言う事です

これは意識できていない人が多いです

 

糖質制限だけを意識的にやってタンパク質を積極的に取らなくても痩せはします

 

しかしそれは脂肪ではなく筋肉が削られる

と言う全く嬉しくない痩せ方です

 

筋肉が減ってしまうと基礎代謝が落ち痩せにくく太りやすい体になり外見も不健康で弱々しいかなりダサい体型になっていきます

 

 

そして怪我もしやすくなります

 

僕も無知だった頃タンパク質を意識せずに

糖質制限をし

遊びでサッカーをしていたら

アキレス腱を断裂しました

 

全治6ヶ月の大怪我です

 

現役中もこんな大怪我した事は

ありませんでした:(;゙゚’ω゚’):

 

怪我するほど激しいプレーでは

全くなっかたです

 

タンパク質が不足した状態での減量により

筋肉や腱の機能が落ち

怪我に繋がったと思われます

 

 

筋肉をつける事はかなり大変です

アスリート達が

日々負荷の高いトレーニングを行って

やっと少しずつ付いていくレベルです

 

そんな貴重な筋肉を

なるべく落とさない為にも

必ずタンパク質は意識的にとりましょう

 

毎食ステーキを食べても

取りすぎる事はないくらいです!

 

 

ある程度糖質制限について調べだすと

とても興味深い「ケトン体」という

ワードが出てきます

 

ブドウ糖に代わる体内のエネルギー源で

脂肪を分解しつくりだされる物質のようです

 

これだけでもかなり嬉しい物質です

 

さらにブドウ糖の作り出すエネルギーよりも燃費と性能がいいらしく

ある程度持久力を必要とする分野の

アスリートも注目しています

 

そして更に

ガンを含むあらゆる病気にも効果的

との事です

 

まだまだ研究中の物質で賛否両論あるみたいですがとても可能性の感じる神秘的な分野だと僕は思っています

 

この物質を体内に発生させるには約2週間

かなり厳しく糖質制限を行う必要があります

 

炭水化物を制限するのは言うまでもなく

料理に使われる調味料レベルにも気を使いながら1日20g以下に糖質を制限した者だけがたどり着ける領域

 

 

 

 

いわば

「糖質制限の向こう側」です

 

 

 

 

興味ある方はぜひ挑戦してみてください!

 

 

 

最後にダイエットにおいて最も重要な事です

それは…

 

「継続する力」

 

これにつきます

 

 

巷には多くのダイエット法がありますが

特徴が違えど

「継続」さえできれば正直どれをやってもある程度効果はあると思います

 

なので一番整えるべき事は

継続できるための仕組みや環境作り

だと僕は思っています

 

 

周りの人に宣言し協力してもらい

引っ込みつかなくする

 

海に行く計画を具体的に立てる

 

欲しい水着を目標サイズで買ってしまう

 

ある程度お金払って僕や

パーソナルトレーナーに管理してもらう

 

 

継続さえできればあなたの体は

確実に変化しますよ!

 

そしてその成功体験と知識が

あなたに自信をもたらし

今後の体型管理にも大いに役立ちます

 

 

ちなみに僕は4月からダイエット開始し

 

現在72kg→67kg

 

まできました

 

目標はこの二人です♪

一緒に頑張りましょう(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

 

 

儲かる医療保険

前回に引き続き保険のお話

今回は医療保険についてです

 

今医療保険を検討している方は必見です

すでに入っている方には悲報になるかもしれません

 

各保険会社医療保険はどこも扱っていてどこも積極的に販売しています

多くの商品がありどこの何がいいのか検討する前に大前提をお伝えしたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療保険は基本的に元が取れない((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

 

 

 

という事実です

 

 

早速検証です

CMで耳慣れたフレーズ

「入院1日1万円、手術1回5万円〜♪」

この一般的な医療保険で総額約300万円払います

 

ちなみに保険料は年齢や性別によって変化します

年齢が上がるほど、そして男性より女性の方が保険料は高くなっていきます

 

しかし総支払額は何歳で入ってもさほど変わりません

 

 

総支払額300万円に対して医療保険でどうやったら元が取れるのかは簡単な算数です

 

入院1日1万円、手術1回5万円ということは

 

300日の入院もしくは手術60回すればいいのです!

 

できそうですか?

 

 

ちなみに多くの医療保険には日数の上限があります

60日型、120日型、180日型とかいうやつです

なので連続300日入院しても途中で打ち切られ300万円はもらえません

 

それを加味すると人生で100日クラスの入院を3回しないといけないわけです

 

 

 

 

絶対無理

:(;゙゚’ω゚’):

 

 

 

 

医療現場の内情を知る医療関係者の人は特に難しいと感じると思います

 

それでもどうにか300日入院できないものか検討してみたらいくつか方法がありました♪

 

  1. 大学病院が研究したくなるような未知の病
  2. 植物状態が続く不治の病

 

 

 

やっぱり無理だーー((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

 

入院、手術になって保険金を受け取った時は「医療保険に入っててよかった〜♪」なんて気分になりますが総合的に見るとしっかり損しています

 

医療保険は基本的に元が取れないように作られているという事をまずご理解ください

 

逆に売り手側の保険会社はめちゃくちゃ儲かります

ドル箱商品なんて言われていたりします

 

今回のタイトルの儲かるとは

加入者ではなく保険会社の立場です

 

 

では医療保険は入らない方がいいのか?

 

結論を急ぐ前にもう一度医療保険の目的を考えてみてください

 

入院や手術になった時の医療費の確保が目的ですね?

 

具体的にいくら必要かのシミュレーションです

 

ちなみにみなさん健康保険証はお持ちですね?

ということは高額療養費制度という素晴らしい制度が使えます

 

この制度は

どんなに医療費がかかっても自己負担額は1ヶ月あたり最大で約8万円まででいいという制度です

※所得にって自己負担額はもっと安い人も高い人もいます

※健康保険適用内の治療に限ります

 

 

何とか貯金で賄えそうな金額だと思いませんか?

 

 

重要なのは医療保険に入ることではなく、病気や怪我に備えて貯金をしておく事です

 

 

 

これを聞いて皆さん大体納得します

確かにそのほうが合理的だと

しっかり貯金ができる方、もしくは既にある方は元の取れない医療保険にわざわざ入らなくて大丈夫です

 

 

しかしそうでない方や、それでも不安に感じる方、そして健康保険適用外の治療に備えたいと考える方は医療保険を検討する事になるかと思います

 

 

そんな人のために医療保険に入る時のポイントをお伝えします

 

どーせ元が取れないなら最低限の保証内容で金額が安いものにしましょう

どーせ入るなら先進医療特約はつけておきましょう

どーせ入るなら年齢と共に保険料は上がるのでなるべく早く入りましょう

そして貯金が貯まるまでの期間限定にして損を最小限にしましょう

 

※最近では元が取れる医療保険もありますが当然保険料は割高です。それなら前回紹介した終身保険を使って貯蓄メインにする事をオススメします

 


まとめ

医療保険は元が取れないように作られている

保険に頼るより予防と貯金に努めよ

もし入る場合は安く、早く、短く

 

元が取れないから医療保険には入らないけど貯金もできないって人は結構いますよ

医療保険に入らない決断をしたなら貯金はしっかりと!

保険の選び方

FPとしてクライアントさんにお会いした時にまずお話しするのが保険の考え方です

というのも一番身近な金融商品で一番損してる事が多いからです

 

このブログを見ている方はすでに一度は聞いた話ではありますが、忘れてしまっている人も多いみたいなので、いつでも思い出してもらいたくブログにまとめようと思います

 

そもそも保険に入ろう、入ったきっかけといえば

  • 社会人になって会社から勧められた
  • 保険会社勤務の友人に勧められた
  • 親から勧められた
  • 結婚を機に何となくそんな気になった
  • みんな入ってるし不安になった

 

周りから勧められ何となく興味をもち保険会社の人や保険の窓口に話を聞きに行ったらあれよあれよという間に入ってしまった人がほとんどではないでしょうか

 

話を聞いた時はとても納得し理解したつもりですが改めて「何のために?」と考えてみると意外と目的はボヤッとしてるものだと思います

 

この「何のために?」という単純な部分こそが保険選びや他の金融商品選びにおいてかなり重要です

 

そもそも保険って必要なんでしょうか?

 

 

生命保険に入る代表的な理由を例に検証してみます

Q.なぜ生命保険に入るの?

A.万が一に備えて

 

結論から言います

 

 

 

備えなくて大丈夫です!!

 

安心してくたばってください♪

 

あなたが亡くなって悲しむ人はたくさんいると思います

果たして経済的に困る人はいるでしょうか?

いたとして具体的にどれくらい困るのでしょうか??

 

具体的にシミュレーションしてみます

誰も養っている人がいない人が亡くなった場合は検討する必要もなく誰も困りません

 

では家族を養っている人はどうでしょう

 

例)

夫  30歳会社員(最近家を買い住宅ローンあり)

妻  30歳パート

子供 2歳と4歳の2人

 

子供も小さく夫の稼ぎが一家の大半を占めていて更に住宅ローンの返済もありこのタイミングで夫が亡くなったらいかにも大変そうですよね

 

実際にこのケースで夫が亡くなった場合の収入

 

遺族年金    約120万/年

遺族厚生年金  約50万/年

パート収入   約100万/年

合計      約270万/年

 

更に住宅ローンは大抵契約時に保険に加入してるので契約者が亡くなった時点で完済されます

ということは家あり、ローン無しで毎月約23万円の収入があります

 

 

普通に生きていけそうだと思いませんか?

 

 

当然今まで通りというわけにいかないでしょう

生活水準は下がるかもしれません

 

けど生活はしていけますよね?

 

 

そうなんです。保険に入ってなくても大丈夫なんです

※家が賃貸だったら、死亡ではなく高度障害だったらなど重箱の隅を突きたくる気持ちは分かります。細かいことは割愛しますがこの国は国民に最低限の生活を保証していますのでご安心を!

 

重要なのでもう一度

保険は無くても大丈夫!!

 

 

昔保険なんて無かった時代も不慮の事故で人がある日突然亡くなることもあったけど、今もこうして歴史は続いています

 

大前提生命保険に入っていなくても生きてはいけるということを理解してください

 

ただ、生きてはいけるものの将来子供の学資資金やご自身の老後資金などを確保できないじゃないかという不安は分かります

じゃやっぱり保険は必要じゃないか!と考えるのは浅はかです

 

必要なのは生命保険ではなく、将来使うための「貯金」ですよね?

 

重要なのは万が一に備えて保険に入る事ではなく、この将来使うための貯蓄をどう作っていくかという事です

 

 

 

将来的な貯蓄を作る方法は自分にできそうかどうかはさておきいくつもあります

  • タンス預金
  • 定期預金
  • 自動積立
  • 財形貯蓄
  • 生命保険
  • 投資信託
  • FX
  • 不動産
  • 宝くじ

 

代表的なものを挙げましたがまだまだたくさんあります

ここから目的に適した手段を選択していきます

 

多くの人が貯めることになるであろう子供の学資資金や老後資金の確保に実は生命保険が向いています

万が一の備えとしてではなく、将来の資産形成として生命保険が使えるのです!

 

ただ残念ながら生命保険を資産形成として活用するにはちょっとしたテクニックが必要で、多くの人の保険の入り方では活かされていないことがほとんどです

 

保険を活かすためにまずは保険の特徴をおさえましょう

種類が多く全て理解するのは大変ですが、大きく分けて3パターンの形で保険は構成されているのでそれだけ説明します

1.定期保険

特徴:掛け捨てタイプ。保険期間が決まっていてその期間内になくなると保険金がもらえ、生存していると掛け金は没収される。確率だけに注目するとやっている事はギャンブルと同じで、カジノの赤黒ルーレットの1点掛けよりも分が悪い。万が一が本当に起きて困るような自動車保険などには向いているが生命保険としてはやはり分が悪い

 

2.養老保険

特徴:満期時に返戻金がもらえるタイプ。子供が18歳になる時に満期返戻金をもらえるように設定することが多く、学資保険と言われているのもこのタイプ。昔は掛け金の2倍ほど満期返戻金が出たのでとても魅力だったが、現在は少し増える程度で中には元本割れするものもあるくらいなので注意が必要

 

3.終身保険

特徴:いつ亡くなっても保険金がでることからお葬式代の確保に使われることが多い。貯蓄機能もあり払った保険料はストックされ、払込終了時から運用が開始され増え始める

 

 

資産形成を目的とした場合注目すべきポイントは「利率」です

銀行でいう預金金利、生命保険でいう予定利率です

 

種類が違うので一概に同じ利率として比較することは難しいですが、いつの時代でも銀行の預金金利とは比べ物にならないくらい保険会社の予定利率は高いです

参考までに今の定期預金金利はどこの銀行もだいたい0.01%です

保険会社の予定利率は円建てで約1%です

 

この高い予定利率を最大限活用するのです!!

 

上記3つの中で将来の資産形成に使えそうなのは養老保険と終身保険です

その中でも保険会社の魅力である高い予定利率を最大限活用するには終身保険だと僕は思っています

 

「既に終身保険は入ってるぜ!( ͡° ͜ʖ ͡°)」

「丁度入ろうと思ってたところだぜ!キラン✌︎(‘ω’✌︎ )」

とドヤっているあなた

 

払込期間を見直してみてください

 

多くの方が60歳までとなっています

 

これでは終身保険のポテンシャルが十分に発揮されません

 

 

終身保険には貯蓄機能があり「払込終了時から運用が開始」されます

つまり皆さんの終身保険は60歳から増え始めるということです

60歳以降は金利の高い定期預金みたいなもので、平均寿命が約85歳なので約25年間運用されます

 

これでも十分恩恵はありますが、貴方ほど強欲なお方がこんなもんで満足していていいのですか?

 

もっと増やしたいと思いませんか??

 

 

実はひと工夫することにより格段に増え方がアップします!!

 

終身保険における貯蓄機能の特徴はなんでしたか?

 

「払込終了時から運用開始」です

払い込んでる最中はただただストックされるだけで、増え始めるのは払い終わってからということでしたね?

 

 

だったら60歳まで待たずにさっさと払込を終わらせてしまってはどうでしょうか

 

 

早ければ早いほど増える期間は長くなります

そして運用期間が長くなればなるほど人類最大の発明と言われている「複利効果」は威力を発揮します

 

そして更にもうひと工夫すると予定利率が倍以上に跳ね上がります

 

それは通貨を変える事です

 

 

保険会社の予定利率が高いといえども円建では1%程度です

これを外貨建てにすると3%以上に跳ね上がります

 

預金金利0.01%の定期預金と予定利率3%以上の終身保険

 

どこに預けるかはもはや悩むまでもないでしょう

 

もちろん保険ですから万が一の場合は保険金も出ます

そして貯まって増えたお金は使いたい時に使えるので流動性もバッチリです

 

 

 

 

そして外貨建て保険を使っての資産形成の最大の魅力は

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかかっこいい!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

 

 

 

 

 

友人A「将来に向けて貯金しようと思うんだけどみんなどうしてる〜?」

友人B「毎月自動積立してるわ!」

友人C「会社の財形貯蓄してるよ!」

友人D「貯金なんてしてないよいつ死ぬか分かんないし!」

あなた「ドル保険使って貯めてるよ♪」

 

みんな「…どる?ドルってあの$$??何かインテリでかっこいい〜」

 

 

 


まとめ

保険は無くても大丈夫

しかし将来の貯金は必要

賢く貯金するには終身保険をなる早で払込みかつドル建てで!

※同じ終身保険でも各保険会社で払い込み期間や扱える通貨にルールがありますので、具体的に検討したい方は気軽にご相談ください!

 

賢いお引越し術

一年で最も引越しが多いこの時期

引越しって何かとお金がかかりますよね

そして荷造りや荷ほどき、引越し後の住所変更諸々とにかく面倒だと思います

 

しかし僕は2年に1回は引越します

更新したことありません

好きなんです引越しが

新しい街で新しいお店を開拓し新しい人と出会うのがいつも楽しみです

 

そんな多くの引越し経験から培った知恵を今回皆さんに伝授したいと思います!

 

 

引越しって具体的にどのくらいかかるの??

例)現在家賃10万円のお部屋から家賃15万円のお部屋にお引越し

 

入居費用 約71万

【内訳】敷金15万、礼金15万、前家賃15万、仲介手数料15万、保証会社費用8万、その他諸費用(鍵交換や室内抗菌)3万くらい

 

退去費用 約11万

【内訳】ハウスクリーニング費用4万、原状回復費用7万 ※どちらも敷金から相殺され差額分を支払います

 

 

だいたいこんな感じになるかと思います

 

具体的に節約ポイントを見ていきます

大前提多くの人が入居時も退去時も不動産屋さんの言われるがままに手続きを進めていると思いますが、交渉を必ずすることが節約するためには必須です

不動産屋さんも我々お客さんも立場は対等なので遠慮せずに交渉していきましょう!

ただしお部屋探しに限らず交渉は相手の立場を考えながら双方にメリットがある落とし所が重要なので、こちらだけの都合で一方的にただ安くしろの一点張りでは嫌がられるだけです

 

 

入居時節約ポイント

上記例にあげた費用全て節約できる可能性があります!!

敷金は費用というより一時的に預けるお金なので頑張って交渉するポイントではないと考えますが、その他は費用にあたるので積極的に交渉していきましょう

 

交渉するにあたりまずは立場とお金の流れを把握しておく必要があります

 

部屋探しを始めるにあたりまずはネットの検索サイト(スーモやホームズなど)で検索するのが一般的かと思います

その後問い合わせをして不動産屋さんに来店し物件を実際に見にいき契約となります

 

ではあなたのお部屋探しを手伝ってくれた不動産屋さんはどこで儲けると思いますか?

 

それが契約時に支払う「仲介手数料」です

 

この仲介手数料は家賃1ヶ月分を上限に売り手が自由に設定する事ができます

多くの不動産屋さんで家賃1ヶ月分としていることが一般的です

これ不思議に感じたことはありませんか?

 

家賃5万円の物件と家賃15万円の物件を案内する仕事量は同じなのに仲介手数料は3倍変わってきます

(実際は安い家賃帯のお客さんの方が内見する物件が多く決断までに時間がかかり仕事量は多くなる傾向にあるようです)

不動産屋さんの立場からすると家賃5万円のお客さんを3人契約しないと15万円のお客さん1人と同等の売上にならないという事です

 

ということは1Rや1Kよりも広めの間取りで高い家賃帯の場合は交渉の余地ありそうじゃないですか?

 

実は不動産屋さんの儲けはお客さんからの仲介手数料以外にもあります

それは物件を所有しているオーナーさんからの謝礼です

オーナーさんは物件の客付けをしてくれた不動産屋さんに家賃の0.5〜2ヶ月分の謝礼を払っている事があります

ということはお客さんからの仲介手数料を安くしてもしっかり儲かるということです

ただしこの謝礼は全ての物件のオーナーさんが出しているわけではないので交渉の際には注意してください

逆に仲介手数料が安くなる物件が希望なら、相談時にこの件を伝え対象物件から紹介してもらうのもありかと思います

(仲介手数料無料♪と看板を掲げている不動産屋さんはこの対象物件を中心に紹介しているということです)

 

次に礼金です

僕が一番払いたくないやつです

入居者からオーナーさんへ支払う謝礼です

お部屋を貸してくれてありがとうという事みたいです

 

確かに昔は部屋数よりも人口が圧倒的に多くオーナーさんの立場が強かったのでまだわかります

しかし今は立場が逆転しています

有り余る物件の中からあなたの物件を選んであげたのに何で謝礼を払わなきゃいけないの?( ・∇・)

 

逆にこっちが貰いたいくらいです

 

というわけで特に明確な理由があるわけではなくただなんとなく「昔からあるし周りもとってるみたいだからうちも取れるならとっておこう!」というわけです

 

礼金交渉の判断は不動産屋さんではなくオーナーさんの判断で有無が決まるので「礼金ゼロにしてくれるなら即決します」と交渉してみてください

すぐに入居者が決まるような人気物件では断られる事もあるかもしれませんが、空室期間が長い物件は早く埋めたいはずなので結構交渉に応じてくれますよ!

 

そして家賃もオーナーさんの判断なので「即決前提」で交渉してみると下げてくれる事もあります

 

次に保証会社費用です

保証会社はオーナーさんや物件を管理する管理会社の代わりに入居者から家賃の集金をしてくれて、かつ入居者が家賃を滞納した時に立替えや回収を代わりに請け負ってくれるので、オーナーさんや管理会社の立場からするととても活用したい仕組みです

売り手側にとって好都合なサービスをなぜ買い手側が負担しないといけないの?と僕は思ってしまいます

この辺を材料に交渉していくといいと思います

ゼロにならなくとも折半になったり、連帯保証人を指定すれば保証会社入れなくていい等なんらかの代替案を提案してもらえる事がありますよ!

 

最後にその他諸費用(鍵交換、室内抗菌費用)

その他諸費用はとても曖昧でどさくさに紛れて取られやすい項目なので具体的に何の費用か確認しましょう

例えば鍵交換や室内抗菌は支払っても実際に実施されているのか確認しようがないので、支払っても実際には何もやっていないケースはよくあります

特に室内抗菌は綺麗にハウスクリーニングされているなら何のためにやるのか結構謎です

 

なのでこの辺は気にならなければ鍵交換も室内抗菌もしなくていいのでと交渉すればなしにしてくれる事もあります!

 

 

入居時交渉ポイントまとめ

交渉に応じてくれたら即決するという意思表示が重要です

そしてあまりしつこく細かく追求すると、めんどくさい客で入居後も細かいことにクレームをつけてきて管理が面倒そう…というイメージがついて審査に落ちてしまう可能性もあるので、不動産屋さんやオーナーさんの立場も理解をした上で3者が喜ぶ形に落ち着けられるといいかと思います

 

 

続いて退去時の節約ポイント

退去時に原状回復するための床の補修費用や壁紙の張り替え費用、ハウスクリーニング費用を請求されることはよくあります

そういうものだと思い込み言われるがままに払ってしまう人も多いと思いますが、ここで簡単に承諾はせずに一度交渉してみましょう

 

退去時交渉の論点になるのが「原状回復」です

契約書に退去時ルールとして原状回復について書いてますので一読してみてください

曖昧で解釈に差がでそうな表現が目立ちます

まず大前提に住み始めた当初の状態に戻すわけではないということです

人が数年住めば床や壁紙が劣化していくのは当然ですよね?

一般的な住居としての使い方をした上でついた傷や汚れは経年劣化として原状回復の範囲には入らないと過去の判例が出ています

 

故意に壁を殴って穴を開けたり

スプレーアートをしたり

ボルタリングのボコボコを取り付けたり

はさすがに経年劣化とは言えませんが、家具や家電を設置していたことによる傷や汚れを補修や修繕費用として支払うのはおかしいという主張をしていきます

 

次にハウスクリーニング費用です

先ほどの原状回復義務として退去時に入居者がやるべきことは、自分の荷物を部屋から綺麗さっぱり無くすことです

なんども言いますが住み始めた当初の綺麗な状態に戻すことではありません

なのでハウスクリーニングは本来オーナーさんが次の入居者募集をするための費用なわけで退去者がそれを支払うのは筋が通りません

 

この辺を材料に交渉していきます

 

実際には管理会社との交渉になりますが最終的にはオーナーさんの判断なので、管理会社からオーナーさんに確認をとってもらい了承してもらえば払わずに済みます!

 

オーナーさんが了承してくれない場合は妥協点を探っていくことになりますが、納得が行かない場合は裁判へと発展させる事も可能です

入居者もオーナーさんも数万円のために裁判で真剣に争うというのは面倒なので実際にはほとんどそこまで発展することはないです

 

僕の経験では床や壁紙の補修費用は上記の主張で納得できないの一点張りで何とかなることが多いです

ただハウスクリーニング費用は納得行かないものの契約書に明記されているので受け入れられないケースが多いです

この契約書に書かれたハウスクリーニング費用さえも無効にできる法律もなくはないです

それを武器に主張してみてオーナーさんがすぐに屈してくれればいいですが、ここまでやると怒って戦闘態勢になるオーナーさんもいるので

 

「ハウスクリーニング費用も含め納得はできないけど、そこは契約時に主張しなかったこちらの落ち度として受け入れますので他の補修費用はなしにしてください」

と落とし所を持っていくとだいたい了承してもらえます♪

 

 

退去時交渉ポイントまとめ

入居時は審査落とされると困るのでほどほどにだが、退去時は強気で交渉すべし!!

オーナーさんは退去が決まると一刻も早く次の入居者募集をしたく長引くことを嫌うので粘り強く交渉し面倒だからもういいやと思わせたら勝ち!

 

 


以上引越し時の節約交渉術です

交渉と聞くと難しそう…苦手…と身構えてしまう人もいると思いますが、一言いって安くなったらラッキー♪くらいな気持ちで気軽にチャレンジしてみてください!

そのたった一言が数十万円の節約に繋がるかもしれませんよ